<< 身体はエコです。(エゴではないです) | main | 治療した延べ人数 >>

スポンサーサイト

  • 2017.03.30 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


夏場の冷え

基本的に体は環境に合う形で順応していきます。

夏の暑いときには汗をかいて体を熱くなりすぎないようにする。
冬の寒いときには逆に体温を逃がさないように汗を出しにくくする。

順応というよりは恒常性の維持(ホメオスタシス)といいます、
要は
「周りの環境がどうなっても、自分の体の中はおんなじ状態にしよう」
という感じです。

体温や電解質・ガス組成といった体の中にある成分を一定(生命活動ができる標準値の間)
にするために体のいろんな器官は活動しています。


少し話はそれますが、
科学が近代化するまで、環境は自然が決めるものでした。
お天道様しだいという感じです。

電気がつくまでは本当に夜間の活動など制限されていたでしょうし、
夏場にエアコン・冷たいものを飲むということは
あまりなかったと思います。

環境の変化というものは基本的に緩やかにおこなわれていて、
緩やかな変化だからこそ、体は適応できるのです。


キンキンに冷えている室内から急に30度超えた屋外に行く、
めちゃめちゃ暑いはずなのに、一瞬どこかほっとする状態があったりします。

それは体が暑さを標準として感じているからだと思います。



今の科学の発達で夏でも涼しく・冷たいものを食べたりできます。
ただ、夏は暑い!と体が納得しているのに、環境は涼しいとなると

体が



となってしまい、自律神経の調節不良を起こしてしまいます

最近よく冷えによる夏風邪・夏バテ・下痢・消化不良の方を見かけます。
環境の変化にあまり逆らわず、ある程度うけいれてあげるのが
健康を保つ一つの考えになります。


それでもなってしまった場合はお灸をすることで
冷えにより体調を崩した状態の体を温めることができます。
もし夏なのに冷えの症状がきついという方はご連絡ください。




注意事項
熱中症には気を付けてください。
健康のためとかいいながら倒れるのはまったく意味がありませんので。



治療を受けたいけど、時間が取れない・・・
なかなか治療院に行くことが難しい・・・
といった方や
一度私の治療を受けてみようかなとおもってくださった方には。

下記のHPで出張治療を承っています。良かったらご連絡ください。

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*
どこでもケアで出張は承ります。
どこでもケアこちらにもHPを作りました
大阪市北区を中心として半径40キロ程度。
受付時間
ほぼ毎日・祝日も可  0時〜24時
個人宅や、オフィス等への出張治療を行います。

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*


スポンサーサイト

  • 2017.03.30 Thursday
  • -
  • 02:07
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
sponsored links
ヤッカ 出張鍼灸師のホームページ
ヤッカの写真

平成25年6月撮影
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM