スポンサーサイト

  • 2017.03.30 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


本当の隠れ家サロンを探すなら

最近はプライバシーの保護がとても重要です。

昔なら学校でも住所録を配布するのが当たり前でしたが、
今はそんなもの配布したら問題になるようです。

住所録を売ったり買ったりする人がいるからなのでしょうね。
おおらかな時代は過去になって、
ルールにがんじがらめのギスギスした社会になっています。

ルールが悪いわけではないですよ?
それで助かる事のほうが圧倒的に多いわけですし。
さみしいなぁと感じるだけです。


社会的な話は難しいので、
専門外です・・・



話は最初に戻りますが、
最近は治療院でも予約を取る際に
前の人と次の人が顔を合わさないように
時間に余裕をもって予約とったり、
待合や施術場所をうまく使って上手に入れ替えしたりするそうです。

治療院で知ってる人に会うと、
「あの人ここに通って、なんか悪いんかなぁ?」と
感じられるのが嫌と考える方もおられますので、
プライバシーの保護として、そういったサービスを行う
隠れ家的サロン・治療院が出てくるのは当然の流れだと思います。


ここで知っていただきたいのは。

さらにすすんだ隠れ家が存在するという事。

それは

自宅

です。

もちろん「自宅に施術者とはいえ、知らない人が入ってくるのは抵抗がある」という方もおられます。
そういう方には向かないでしょうが、

施術者以外に他人には会わない。
家を出ることがないので、プライバシーの保護は完璧


と自宅に往診してもらうシステムは
あまり人に見られたくない方にはおすすめです。


特に美容針施術は、
基本的に化粧を落としていただく必要がありますので、
治療院でする場合は

化粧して外出

治療院でメイク落とし。


美容針施術を受ける

治療院出る前に再度化粧をする。

家に帰る。


という流れになりますが、

自宅に往診してもらうと、赤字で書いた部分がカットになりますので、
非常に楽に施術が受けられるという利点があります。

たまにすっぴんで爛汽鵐哀薀后マスク&深めの帽子″という
トリプルコンボで通院するという方もおられるようですが。


自宅でプロの美容針

がセルフケアのキャッチコピーではなく、
ほんまもんのプロが来ます。


自宅でプロの施術を受けてみてくださいね。


治療を受けたいけど、時間が取れない・・・
なかなか治療院に行くことが難しい・・・
といった方や 一度私の治療を受けてみようかなとおもってくださった方には。
下記のHPで出張治療を承っています。良かったらご連絡ください。

 *〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*
HP どこでもケア で出張は承ります。
大阪市北区を中心として半径30キロ程度まで往診可能です。
受付時間 ほぼ毎日・祝日も可  0時〜24時
個人宅や、オフィス等への出張訪問治療を行います。


どこでもケアの口コミはこちらで見ることができます。
まだそれほど件数がありませんが、
何人かの方が書いてくださっていますので、
興味がを持ってくださった方に参考にしていただければと思います。


バイタルナビのどこでもケア紹介ページ

クチコミ広場のどこでもケア紹介ページ

エキテンのどこでもケア紹介ページ
*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*


どこでもケアは大体どこでもできます。

お問い合わせの時に、時々聞かれることがあります。

「部屋が結構狭いのですが大丈夫ですか?」


基本的に普段寝ている場所があればだいたい大丈夫です。

(できたら足を伸ばして寝ていられると助かります。)

施術場所はそれほど選びません。
倉庫で施術をしたこともありますし、
会社のデスクが並ぶ通路の隙間でポータブルベッドを広げて施術したこともあります。たらーっ

(もちろん広ければありがたいですが。
寝て頂いて、周りをぐるっと回れる程度のスペースがあれば充分になります。)



ですから、大体の場所では問題なくできますので、
場所がないから。
ということは考えなくても大丈夫です。

普段の寝場所以外のところでの施術の場合は、お問い合わせの際にお伝えください。



ちなみに、座りながらの施術は体調や体質によっては貧血を起こしたりして
危険を伴うことがあるので、基本的には承れません。


寝て受けて頂けるのがリラックス効果も追加されて施術効果も高まりますので
寝て受けることがおすすめ(というか基本の施術スタイル)になります。


治療を受けたいけど、時間が取れない・・・
なかなか治療院に行くことが難しい・・・
といった方や 一度私の治療を受けてみようかなとおもってくださった方には。
下記のHPで出張治療を承っています。良かったらご連絡ください。

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*
どこでもケアで出張は承ります。
大阪市北区を中心として半径30キロ程度まで往診可能です。
受付時間 ほぼ毎日・祝日も可  0時〜24時
個人宅や、オフィス等への出張訪問治療を行います。


どこでもケアの口コミはこちらで見ることができます。
まだそれほど件数がありませんが、
何人かの方が書いてくださっていますので、
興味がを持ってくださった方に参考にしていただければと思います。


バイタルナビのどこでもケア紹介ページ

クチコミ広場のどこでもケア紹介ページ

エキテンのどこでもケア紹介ページ
*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*


ツイッターをつかった広報

最近はやりのツイッターを始めました。

広報などに使えればと思っているのですが、
あまり良く調べずに始めたので、これから使い方を調べていく感じです。

yakkaacpistでアカウントとっています。よければフォローしてください。わーい
(ほんとによくわかっていないので、この表記でフォローがもらえるのかどうかすらわかっていませんたらーっ

昨日、本屋で立ち読みしていたたらーっのですが、広告と広報は違うみたいで、
私たち鍼灸・柔整などの業務では、広告の制限というのが、法律で決められています。
広告というのは不特定の方に知らせる方法で、テレビCMやラジオCM、チラシ、野立て看板、電柱の看板などがあたりますが、
広報は情報を知りたい人が取り寄せるもので、
広告は受動的に情報を得るもので、広報は能動的に情報を得るものという感じみたいです。

なので、インターネットなどでは知りたい人が情報を能動的に得るものなので、
広告の制限には引っかからないようです。
もちろん常識の範囲内で、過大な情報や間違った情報などを公開するのは問題になりますが、
そうでなければ保険適応後の一部負担金などや、治療費などの公開は大丈夫なようです。

よく整骨院のチラシで、値段を書いてなくて「いくらなん?」と聞かれることもおおいのですが、
これは広告の制限にひっかかってしまうので、書いてないことはご容赦ください。
ですが、聞かれたら答えることができますので、(能動的な情報取得なので)
気にされずに聞いていただければよいかと思います。


ちなみに私の往診治療代金は出張費用込みで下記の値段です。ラッキー

60分   6000円
100分  10000円
小児鍼   1000円
美容針   基本コースに+1000円


良かったらご連絡ください。大阪府・阪神間とその近郊は伺いますのでお気軽に。

治療を受けたいけど、時間が取れない・・・
なかなか治療院に行くことが難しい・・・
といった方や
一度私の治療を受けてみようかなとおもってくださった方には。

下記のHPで出張治療を承っています。良かったらご連絡ください。

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*
どこでもケアで出張は承ります。
大阪市北区を中心として半径40キロ程度。
受付時間
ほぼ毎日・祝日も可  0時〜24時
個人宅や、オフィス等への出張治療を行います。

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

在宅療法

私がいま行っている仕事内容は、 ほとんどがご自宅に伺って治療をする、訪問治療になっています。 継続して自宅に伺って、治療を行うというところから、こう呼ぶべきかなと。 というのも。 先ほど調べたところ、往診と訪問診療とは意味合いが違うのですね。 往診は単発的にご自宅に伺うもので、 訪問診療は継続して自宅治療を続けるものらしいです。 在宅療法はそれらをひっくるめた治療方法になるようです。 はっきりと違いを理解してないまま使っていました。 以前のブログ内では間違った使い方をしている文章があるかもしれません。 訪問治療は患者さんの生活を、より重視した方法だと考えています。 治療所を構えてきてもらう方法をとると、 患者さんにわざわざ出向いてもらう必要がありますし、 歩行することが困難な方にはそれすらも負担になってしまいます。 自宅での治療は、リラックスして受療できるので、 副交感神経優位になり、よりいっそうの自律神経の調整を促すことも期待できます。 もちろん、治療院にいくということが、 ご自身に対して、「治すんだ!!」というプラセボ効果(※)を引き起こす場合もあるので、 一概に在宅治療がすべて良いという理屈ではありませんが。 (※プラセボ効果とは、 たとえば、小麦粉を酔い止め薬として処方したら、車酔いがなくなった。 といったような、心の中で“効くんだ”というイメージが身体を治すというもの) 自宅での治療は便利だというだけではなくて、治療にも相乗効果が期待できます。 治療を受けたいけど、時間が取れない・・・ なかなか治療院に行くことが難しい・・・ といった方や 一度私の治療を受けてみようかなとおもってくださった方には。 下記のHPで出張治療を承っています。良かったらご連絡ください。 *〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜* どこでもケアで出張は承ります。 大阪市北区を中心として半径40キロ程度。 受付時間 ほぼ毎日・祝日も可  0時〜24時 個人宅や、オフィス等への出張治療を行います。 *〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

電子針

先日、新しい治療道具として、電子針を購入しました。
ペン型の電気刺激用道具です。

福田ー安保理論という自律神経の調整治療の中で、
つめもみ療法というものがありますが、
その刺激方法のひとつに電子針がありました。

自律神経は身体のさまざまな調節に使われている大事な器官です。
循環の調節や、免疫の調節にも役立っているものです。

私が現在治療している患者さんに
パーキンソン症候群の疑いのある方や、
大脳皮質基底核変性症という診断をもらっている方がおられます。
この方々は脳の一部に問題が生じている方なのですが、
この自律神経を調整することで、脳への循環を改善し、
治療効果を期待することができるそうです。

現在、上記の患者さん方にはじめて、2週間が経過しました。
まだ、取り立てて大きな変化は見られませんが、
様子をみて報告しようと思います。



治療を受けたいけど、時間が取れない・・・
なかなか治療院に行くことが難しい・・・
といった方や
一度私の治療を受けてみようかなとおもってくださった方には。

下記のHPで出張治療を承っています。良かったらご連絡ください。

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*
どこでもケアで出張は承ります。
大阪市北区を中心として半径40キロ程度。
受付時間
ほぼ毎日・祝日も可  0時〜24時
個人宅や、オフィス等への出張治療を行います。

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

作業効率を上げること

先日、学校からの紹介で整形外科の見学実習に行ってきました。
そこはスタッフのレベルが高く、てきぱきと動いて、
診察が早く進んでいくので感心していましたが、
診察が早く進むポイントがひとつありました。

症例をたくさんパソコンにまとめて、
患者さんに症状がどうなっていて、
今後はどういった対応をとるべきか、
どうなっていくかということをまとめてあるのです。
さらに印刷して患者さんに渡して上げていました
かなり膨大な資料でした、15GBも容量使ってましてびっくりしました。)

さすがに私の仕事の仕方では、
膨大な資料を印刷するとかいうことはできないですし、
ノートパソコンじゃないので、
そもそも持ち歩くことすらできませんが。ムニョムニョ
資料をたくさん作って、作業効率をあげていくという方法は
わかってはいるのですが、なかなか面倒くさくて
資料を作るのを後回しにしていました。たらーっ

今回見学で思い知らされたので、
症例をまとめるのはブログでアップしながら徐々にしていくとして、
診察、治療のためのメモなんかを印刷なんかでやっといたら
カルテ書くの楽だろなとか考えまして、
今回やっとこさよく使うツボのメモなんかを作ってみました。

あとは問診メモなんかを症状別に作れたら
それ取り出すだけなんで楽だろうなとか。イヒヒ

鍼灸師の方で、もしほしいなという方がいたらメールでおくりますので、
連絡ください。まとめたのは5要穴・5兪穴をA4に4部印刷できるやつです。
治療のときに○つけたらいいだけなんであとでカルテ書くとき楽かなと。
他の治療穴は裏面にでもメモってもらえたら^^


治療を受けたいけど、時間が取れない・・・
なかなか治療院に行くことが難しい・・・
といった方や
一度私の治療を受けてみようかなとおもってくださった方には。

下記のHPで出張治療を承っています。良かったらご連絡ください。

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*
どこでもケアで出張は承ります。
大阪市北区を中心として半径40キロ程度。
受付時間
ほぼ毎日・祝日も可  0時〜24時
個人宅や、オフィス等への出張治療を行います。

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

むちうち症

頚椎捻挫
外傷性頚部症候群
と名前はいろいろあるようですが、いわゆるむちうち症です。

頚椎は小さいけれども、頭は大きくて重たいため、
頚椎を支えるために強靭な靭帯が頚椎にはたくさんついています。
なので、普段この靭帯をいためるということはないのですが、
交通事故など強大な力が加わったときに
捻挫を起こします。

で、むちうちと名前がついているのは
捻挫の仕方がムチを打つような形でするからなのです。
車ならまず身体が先に前に行きます。
慣性が働いて、首はその位置に残されようとしますが、
身体とつながっているため引っ張られます。
引っ張られると頭は前に行く運動性が働いて、前に前に行こうとします。
でも、身体はシートベルト(してなければハンドルなど)にとめられて
前に行く運動をやめてしまいますが、
頭は止まっていないため、前にいってしまいます。
すると首の後ろが引き伸ばされてしまうため、
頚椎後方の靭帯が痛めつけられることになります。
(慣性については他のホームページを見てくださいね。
私、医療以外はまるっきり素人なので、間違っているかもしれません。)


で、この頚椎捻挫、もちろん事故の場合がおおく、
事故保険の負担者が治療費を出すことが多いのですが、
頚椎捻挫は安静を保てないと治りが悪く、後遺症を残すことがあります。
事故の保険会社はいつまでも治療費を出してくれません。
大体の場合は症状固定ということで、
治療を打ち切るように本人や、治療者側に連絡を入れてくることが多いです。
治っていなければ患者さんはその後自分で治療費を負担し、
頚椎捻挫を治していかなければなりません。

そうすると頚椎捻挫の後遺症認定となります。

「頚椎捻挫後遺症」

以前私が鍼灸の保険で書いた6項目のなかにある1つですね。
整形外科等にかかっていて、長期治療を試みたが
なかなか思うような改善が見られないという方は
一度鍼灸治療を受けてみることも視野に入れてみてください。
もちろん絶対に治るとは申しませんが、
症状に対して違うアプローチをしてみてもいいのではないでしょうか?

今は患者さんが治療を選ぶ時代です。
思うような治療効果が得られない場合は
他の治療法を試すことも考えていいと思います。

ただ、まずは担当医とよく話し合ってください。
疾病によっては治療効果が見えにくいものもあります。
いまの治療方法を安易にやめてしまうことだけは避けてくださいね。


治療を受けたいけど、時間が取れない・・・
なかなか治療院に行くことが難しい・・・
といった方や
一度私の治療を受けてみようかなとおもってくださった方には。

下記のHPで出張治療を承っています。良かったらご連絡ください。

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*
どこでもケアで出張は承ります。
大阪市北区を中心として半径40キロ程度。
受付時間
ほぼ毎日・祝日も可  0時〜24時
個人宅や、オフィス等への出張治療を行います。

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

青色申告準備2

最近水曜日更新が続いています・・
もうちょっと時間を割いて更新しなきゃですあせあせ

先日最後の無料税理士さんからの指導で
無事決算書を印刷することができました。
あとは、2月15日をまって、本番の用紙に写して提出するだけです。

青色申告のために必要なのはきっちりとした記帳(複式簿記の)です。
いろいろありますが、まずはこれかと。
やよいの青色申告を買うのには多少の抵抗もありましたが
(エクセルで十分やん、なんでわざわざと。)
この決算書を打ち出すときの簡単さで、
「ああ。これが楽なのかウィンク。」とわかりました。
エクセルなら、またマクロ組んで、テストして・・・
と結構大変そうなのが目に見えます。

税理士さんは時間を守らなかったり、早口で聞き取りにくかったりと
多少の問題もありましたが、
複式簿記の基礎をわかりやすく教えてくださったので、
結果よかったなぁと思います。

また、自分である程度勉強したので、
もっと税理士さんのいっていることが
なんとか理解できたので、それもプラスでした。
まだまだよくわかっていない部分もありますが、
来年の青色申告までにもうちょっと理解できていればなと。

ちゃんとした会社なら自分でしようとは思わずに、
税理士さんにお任せコースなんでしょうけど、
個人経営で、しかも難しいことが何一つない簡単経理なので
こんなものを人に任せてたらもったいないくらいですから、
私はしばらくは自分でしようかなと。
現状わからないのは仕分の分類くらいなので
ネット調べたらいろいろでてくるかなぁと思います。

提出するまではドキドキですが、まあ、2月をゆっくり待つことにします。

鍼灸の保険について2

正月明けから、しばらく仕事依頼が続いていました。
冬はいろいろと身体がおかしくなる時期のようです。
これを読んでいてくださる皆様の体は大丈夫でしょうか?

今回は鍼灸の同意書に関することを書いておこうと思います。

はり・きゅうの治療を保険で受けるには
医師に同意していただかなければならないのは
以前に書いたとおりです。
実際にどういったものなのかは
厚生労働省が通達している内容はこういったものです。

これを各鍼灸治療院が印刷して患者さんに渡して、
書いてきてもらうようにしていると思います。
ちなみに同意書でなくて、
診断書(療養費払の施術の対象の適否の判断ができるものに限り)
でもよいとのことです。
どちらでも一緒と思われるかもしれません。
細かいところはよくわかりませんでしたが、
もしかすると“施術の同意”と“診断”では
鍼灸施術に対して責任の所在が変わるのかもしれません。



リンク先の表を見てもらえばわかると思いますが、
(上のほうの文章はよくわからないと思うので、飛ばしてくださって結構です)
以前書いたように6疾患が表記されていると思います。
1 神経痛
2 リウマチ
3 頚腕症候群
4 五十肩
5 腰痛症
6 頚椎捻挫後遺症
ですね。
この6疾患に関しては、下記の通達のように、
(リンク先の表のちょっと上にあります)
なお、はり、きゅう及びあんま・マッサージの施術に係る診断書の交付を患者から医師が求められた場合は、円滑に交付されるよう御指導願いたい。
診断書なら頼まれれば書かなければならないようです。

で、この6疾患以外でも慢性病であって、医師による適当な治療手段が無い場合に
保険適応とすることができます。
そのため、医師が同意するものであれば、
その他の疾患でも保険適応とすることができます。

ただ、医師の治療と、鍼灸師の治療の併給(どっちも保険でかかる)
ということができません。
“医師による適当な治療手段が無い場合に保険適応とする”
という建前があるため、鍼灸師が保険で治療するのであれば
医師の保険は効きませんよ。ということになるそうです。

私見をいわせてもらえれば、
医師の治療を継続しているからこそ、病態の進行が遅れている
という方もいらっしゃいますし、医療の東西の融合を阻止しているだけの
悪法な気もします。
これが改定されたら鍼灸施術はもっと世間に認められるだろうなぁと。

少し下世話なことをいうと
鍼灸治療の経営としては、保険適応になると
逆に一人当たりの収入は減ってしまうので、
保険が利くのは良し悪しだったりします。

このあたりはとても難しいところですね。
一人あたりの収入が減るということは、
その分施術をこなさなければならないので、
治療時間は短縮傾向になってしまうでしょうし。

患者さんがどちらを選ぶのかというところじゃないかと。
今のところ混合診療は認められていないので、
保険+実費というのはできないですしね。
ただ先日こういった訴訟もあり
直ちに舛添厚生労働大臣がこういっていました

今後の動向も気になるところです。


治療を受けたいけど、時間が取れない・・・
なかなか治療院に行くことが難しい・・・
といった方や
一度私の治療を受けてみようかなとおもってくださった方には。

下記のHPで出張治療を承っています。良かったらご連絡ください。

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*
どこでもケアで出張は承ります。
大阪市北区を中心として半径40キロ程度。
受付時間
ほぼ毎日・祝日も可  0時〜24時
個人宅や、オフィス等への出張治療を行います。

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

早速マクロ作ってみました

毎回毎回、打ち込みがめんどくさいと思っていたので、
昨日書いた、青色申告用エクセルマクロを作っていこうと思い、
今回さっさと作ることにしました。

まぁ、かなり簡単な入力補助用のマクロだけですが、
フォームで入力したら、収入と支出を見分けて、
それぞれの形で複式簿記用のデータ欄、
収入用データ欄、支出用データ欄に分けて入力するだけのものです。

あとはこれから、収入データ・支出データをさらに細分化して、
それぞれ一ヶ月ずつデータ集計してくれるとすごく楽なんだけどな。

今回無料の記帳指導を受けていて思ったのですが、
税理士さんはあんまり時間をとってくれるわけではないので、
今後開業されて青色申告を目指す方は、
ある程度会計のことも勉強したほうがよさそうです。

会計ソフトは2万位しますし、
私の会計の簡単さから言えば、それほど必要性を感じないと思ったので、
「会計ソフトは高いし、比較的簡単な会計をしているので、
しばらくはエクセルで作ろうと思います。」
って税理士さんにいったら、なんか不満そうな一瞬の沈黙がありました・・・ひやひや

・・・節約できるところを節約して、何が悪いのさ。ぶー

最近なんか脱線したブログばっかり書いてますが、
私、右の列の上のほうにある、
“どこでもケア”というサイトを持っている出張鍼灸をしているものです。ニコニコ
たまに書いておかないと忘れられそう。たらーっ

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
sponsored links
ヤッカ 出張鍼灸師のホームページ
ヤッカの写真

平成25年6月撮影
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM